FC2ブログ

震災から一年。。。 

東日本大震災より今日で一年が経ちます。
去年の今、日本は過去にない大きな地震と津波の被害を受けました。
それからもう一年です。
時が経つのは早いものです。
今日の読売新聞の朝刊の一面は半分が写真で使われていました。
編集手帳(コラム)がその写真の上に書いてあったのですが、なんか新聞を書いてる人も人間なんだなぁと思わせる内容でした。
やっぱ新聞ってなんとなく事実が書いてあるだけで無機質な感じがするのですが、今日のは書いている人が「私は一人の人間として言いたい、伝えたい事を書く」。そんな気持ちが伝わってきました。
僕も一人の人間としてせっかくブログをやっているのですから今日くらい真面目に書きたい事を書こうかと思います。
今日のテレビ。ほとんどの放送局が東日本大震災関連の特番を放送しました。
でもこれが一年、五年、十年と時が経つにつれて取り扱う大きさが小さくなっていく・・・。そんな気がします。
一年というのを区切りにしていいのでしょうか?
震災で心に傷を負った人に区切りなどありません。
この大震災を決してどこか昔の出来事にしてはならないと思います。
この先、あの日を思い出すとそんなことがあったなぁ程度ではなく、あの時自分が何をしていてどんなことを思ったか、あれから自分が何をして被災地の為に出来たか、そこまで思い出せなければこの先の未来にこの大震災の事実を伝える事は出来ないと思います。
しかし、時間は過ぎていきます。時間が過ぎなければ事は進みません。復興だって終わっただなんで口が裂けても言えないほど進んでいません。
でも自分が思ったこと、感じたことは時の流れにまかせ流してはなりません。
先ほどの編集手帳にこんな言葉が新聞の一面を飾るかのように大きな文字で書かれています。

時は流れない。雪のように降り積もる。
人は優しくなったか。賢くなったか。


まさにこの言葉の通りだと思います。
時間は流れます。でも時は流れません。
時間が流れる中でどうやってあの『時』を残すか。
あの日から一年過ぎた我々が今後一生を使い、やるべきことなのではないのでしょうか?
最後に東日本大震災で亡くなられた多くの方々に心からご冥福をお祈りすると共に、被災地の一日も早い復興を心から願います。

東日本大震災の被害状況(3月11日付け読売新聞朝刊より)
【死者】1万5854人
【行方不明】3155人
(3月10日現在・警察庁まとめ)

【避難者】34万3935人
(2月23日現在・復興庁まとめ)

【がれき】被災3件で2253万㌧(最終処分ができているのは6%の143万㌧)
(3月8日現在・環境庁まとめ)
スポンサーサイト



2012/03/11 Sun. 22:08  edit

Category: 時事雑記

tb: 0  |  cm: 0

top △

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://sunandmoon321.blog.fc2.com/tb.php/208-2ced4a82
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △